東京ロマンチカ 故・三條正人さんを偲び、ロマンチカ談義☆

きのう(10月5日)、ヤフージャパンを開いたら、
トップニュースの所に、
東京ロマンチカのボーカル 三條正人さんが5日に、
74歳で亡くなられた と出てあって、
とても残念な気持ちになりました。

マントル細胞リンパ腫という、悪性のリンパ腫だったそうです。

イメージ 3
2年前の2015年に描き、ブログにアップした絵です。
左より 三條さん、鶴岡さん、浜名ヒロシさん
浜名さんも、2009年に他界されてます

 
ふだんはハードロック/へヴィメタ専門の私ですが、
実は昭和ムード歌謡も大好きで、
鶴岡雅義と東京ロマンチカは、特に大好きなグループです。

本日は追悼の意を込め、
東京ロマンチカ特集をお送りします。



特集といっても、どういう経緯でファンになったのか、
好きな曲はどれか?という個人的な話になります。

音楽評論家のようにうまく評価・表現できませんが、
思いのたけを詰め込んで書きますので、
お付き合いくださいませ



ブンデス狂が、
東京ロマンチカにハマり出したきっかけ


私、南ドイツはミュンヘンに住んでおり、
3年前の2014年 10月に、
ふと、昭和ムード歌謡が聞きたくなって、
Youtubeで見たのが始まりです。


こちらの動画のおかげです!
圧倒的感謝ァァァーッ‼!!
 。゚(゚ノ∀`*゚)゚。
↓↓↓↓
ムード歌謡メドレー☆25☆
https://www.youtube.com/watch?v=fHJoPY_FAaE


この動画のトップバッターが東京ロマンチカで、
代表曲「小樽のひとよ」を歌ってました。


2番手はロス・プリモスのこれまた名曲「ラブユー東京」!
私をはじめ、アラフォー以上の世代には、
「オレたちひょうきん族」のラブユー貧乏でおなじみの曲です(笑)


ラブユーのなつかしさもさることながら、
東京ロマンチカの美しい「小樽のひとよ」に非常に心打たれて、
それからロマンチカの動画で代表曲を色々聞き、
今さらながらファンになっていきました。



昭和53年生まれだから、
昭和40年代のデビュー当時や全盛期を、
リアルタイムで知らなくて当然ですが、
しかしハマるのが遅すぎた!

なんで日本にいた頃に、
せめて高校生ぐらいんときにムード歌謡にハマらなかったのか、
その点が、まことに悔しい!ლ(;; ิ益 ิ;‘ლ)


ま、当時の私はHR/HM一辺倒だったし、
ムード歌謡という、
オツでシブい趣味に目覚める年ごろではなかったのです(泣)



いつか福岡に里帰りしたとき、
もしもロマンチカのリサイタルが来たら、
生で聞きたいと思ってましたが、それも叶わぬ夢に終わりました
。゚(゚´Д`゚)゚。




上記のきっかけで、すっかりロマンチカの虜に❤
Youtube動画では飽き足らず、CDが欲しくなり、
母ちゃんに買って送ってくれるよう、頼みました。


2015年3月に母ちゃんが、
柿の種やせんべい、わかめ、だし・味噌汁などと一緒に、
東京ロマンチカのヒット全曲集をドイツへ送ってくれました。

イメージ 2
母ちゃんに、

「今さらながら昭和ムード歌謡にハマっとっちゃんねー。
そん中でも、東京ロマンチカが個人的には最高やんね~♥
CDば見つけたら、送ってくれんやろか?」

と、博多弁で頼んどったとよ。



イメージ 1
ゴールデン☆ベストヒット曲全集 全21曲収録 2,000円
キタ━━━━━━(๑→ܫ←)━━━━━━ッ !!

母ちゃん、ほんと送ってくれてありがとーッ!


後日お礼の電話をしたら、
タワーレコードで見つけたそうで、
今時こんなCDを買うのは恥ずかしかったそうです。

ムード歌謡、グループサウンズ、フォーク全盛期を経験した、
65のオバちゃんなのに 何を恥ずかしがってんだか…
;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ



しかし、母ちゃんが恥を忍んで買ってくれたこのCD、
中のブックレットも、CDを収めるところも、
東京ロマンチカ全員集合ォォーッ!


ジャケの表も裏も、どこもかしこも
昭和の香りムンムン漂うシビれる写真がいっぱいで、
開封したとたん、悶死しましたよ~❤
ズキュ━━(〃´Å`〃)━━>>ンッ


手元にはこのCD1枚しかなく、
まだまだ知らない曲がいっぱいありますが、
このヒット全曲集の21曲から、
ブンデスバカの大好きな曲、おススメの曲をご紹介します。




ダントツの不朽の名曲☆
「小樽のひとよ」
昭和42年

鶴岡さんの奏でる哀愁漂うレキントギターと、
三條さんのさわやかなルックス、甘美で優しく澄み渡った歌声❤

遠く離れた小樽の地に残した女性を想う、
男性の誠実な恋心を、昭和の奥ゆかしい恋愛を、
しっとりと歌い上げてらっしゃいます。


小樽のひとよ動画
https://www.youtube.com/watch?v=u3KOzcINmUM
三條さんの美声は圧巻です!


CD1曲目収録の「小樽のひとよ」は、
1972年に再録したものだそうで、
上記の動画よりゆっくりしたテンポですが、
雪の小樽が目に浮かび、抒情的で実にいいです。


晩年の歌謡番組出演の動画もいくつかあるので、
興味のある方は ぜひご視聴を!
年を経ても、ますます輝きを増していらした三條さんの歌声を、
ご堪能ください。

--------------------------------------------------------------------


手持ちの全曲集には入ってないけど、Youtubeで聞ける、
激しく電撃が体を貫き、
シビれまくった超カッコいい隠れた名曲☆
「恋はまぼろし」


三條さんが脱退し、
浜名ヒロシさんがメインボーカルとなった頃の曲だそうです。
実は、東京ロマンチカの中では一番大好きな曲です❤


以前 Youtubeに、
「恋はまぼろし」をTV番組出演で歌ってる動画があったのですが、
今はないみたいです…(泣)
あれはフジテレビの「夜のヒットスタジオ」だったと思います。

なつかしいなぁ、ヒットスタジオ…(;うਊ ՞)


そんときの動画は、鶴岡さんがレキントギターではなく、
セミアコギターに、他メンバーもドラムやベースで、
も~めっちゃくちゃカッコよくキメてて、
浜名さんが妖艶に踊りながら歌ってたのです。


それまでロマンチカの曲は、
「小樽のひとよ」や「君は心の妻だから」、「北国の町」など、
哀愁溢れる格調高い曲ばかりを聞いてたので、
こんなセクシーな曲調も作れる・歌えるのか!
と、大衝撃を受け、ますますファンになったのです。


残念ながら、その動画はありませんが、
同曲のきれいな音質の動画があるので、リンク貼っておきますね♪


恋はまぼろし
https://www.youtube.com/watch?v=0Yoro9ADCio


昭和の色香漂う、妖艶・超セクシーでカッコいい曲なので、
ぜひご一聴を❤
浜名さんが歌詞の中の女性の気持ちを、
感情豊かに見事に歌い上げてます。

唄い出しの魅惑溢れる低音ボイスと、
終始セクシーな歌声にノックアウトですわ~ん❤
・:*:・(●´Д`●)・:*:・ウットリ


 
そうそう!
浜名さんが「小樽のひとよ」を歌ってるTV動画もあったのですが、
それも今は消えてるもよう! (;´༎ຶД༎ຶ`) ガーンッ


その動画の中で浜名さんが歌い上げてた「小樽のひとよ」は、
三條さんのとはまた違い、
しみじみと切なさと、悲壮感のようなものさえ漂い、
遠く小樽にいる恋人を想う男性の気持ちを、
実に繊細に歌い上げてらっしゃいました。


改めて、東京ロマンチカは
三條正人さん、浜名ヒロシさんという、
ルックスも声も魅惑的な、
珠玉の2大名手をボーカルに据え、
鶴岡さんのレキントギターと、幅広い曲層を手掛ける作曲で、
他のグループにない、独自の個性を作りあげたと思います。

---------------------------------------------------------------------


「ああ北海道には雪がふる」

浜名ヒロシさんがメインボーカルの曲。
Youtubeには、
一般の方が歌ったカラオケ曲しかあがってないので、
CDレンタルでもして聞いてください。


小樽のひとよ同様、この曲も
ドイツで雪が降り出したら、いつも聞いてる曲です。

ドイツの街並みなのに、やはり雪国だからなのか、
妙にしっくりくる!( ´艸`)

---------------------------------------------------------------------

「恋はここまで」

1972年再録、浜名さんのメインボーカル曲。
これもYoutubeにはありませんけど、
さわやかで明るい曲調の、海辺の恋歌です。

浜名さんの、どこまでも伸びわたる、甘く優しい歌声と、
低音部分がとてもたまりません❤

あぁ~、こんなにのびやかに気持ちよく歌えたら
カラオケも楽しいだろうなぁ~


…あれ?
三條さんを追悼しての企画記事なのに、
浜名さん推しの曲紹介が多いッスね
r(≧ω≦*)スマンスマン


---------------------------------------------------------------------

三條さんと浜名さんのツインボーカルでお送りする、
「秘密」72年作
これも傑作、カッコいいです!

https://www.youtube.com/watch?v=kEKXVK-SncU

お2人の力量がいかんなく発揮された曲で、
三條さん&浜名さんではなく、
他の誰か、もしくは男女デュエットだったらば、
安っぽい曲になってたかもしれんと、個人的に思う!


酒に酔って調子こいた部長・課長が、
クラブやスナックで、
女の子やママの肩や腰にスケベに手をかけ、
お見苦しいチークダンスを披露しながら
気安くデュエットするような、
そんな安っぽい曲になってたかもしれんッ!(怒)


お2人の格式高い端正な美声と、
歌詞の主人公たちの気持ちを豊かに表現する実力があるからこそ、
この「秘密」という曲は、
ありがちな男と女のデュエット曲の内容でありながら、
他とは一線を画しているのである!

そんじょそこらのデュエット曲とは違うのであるッ!


と、三條氏・浜名氏を盲目的に大絶賛、
一人で勝手に自己満解釈!
( ✧Д✧) カッ!!




-------------------------------------------------------------------------------------

忘れてはならない、超名曲
「あかんたれ」

今はどうか知りませんが、
2000年代前半、私が高校を卒業して、
専門学校の資金調達のため、バイトをしてたころ、
午前中に再放送でやってたドラマ「あかんたれ」の名主題歌
そのまんま 「あかんたれ」

しょっちゅう再放送やってたな…


明治の大阪、呉服問屋を舞台にしたドラマは実に面白くて、
平日に休みの日は見てました。

とうさん 糸子役で、
芸者姿の土田早苗さんに惚れちゃいました❤
ほんと、気品溢れてキレイだったぁ~❤ (*´ェ`*)ポッ



「あかんたれ」は、
メインボーカルは北村敏郎さんでCD収録。
作詞はドラマの原作・脚本家 花登筐 はなとこばこ氏、
曲はもちろん鶴岡さん。

音質はあまり良くないですが、Youtube動画はこちら
↓↓↓↓↓
あかんたれ
https://www.youtube.com/watch?v=NEXfOQfpBis


覚えやすい短い詞の中に、ドラマと人情の機微が詰まってて、
親しみやすいメロディと、
レキントギターが奏でるバックが絶妙です。

北村さんのボーカルは、
三條さん・浜名さんの甘美な声とはまた違う、
温かい人情味のある歌声で、好きです。

---------------------------------------------------------------------

北村さんのメインボーカルでもう1曲
「かえり道」


軽快でのほほ~んとした、かわいらしい曲調ですが、
郷愁・古い友を思い出させる、優しさあふれる素晴らしい曲です。

この曲も動画はないので、CDレンタルで聞くべし!




浜名さんは59歳で、三條さんは74歳で他界され、
お2人とも早くに亡くなられ、
懐メロ番組やリサイタルで美声を聞けないのかと思うと、
本当に惜しいかぎりです。

生で聞くことができず、残念無念!。゚(゚´Д`゚)゚。



今度日本に里帰りするときは、
昭和ムード歌謡、グループサウンズのCDを
ごっそり買ってくるつもりです。


でも母ちゃんが言ってましたが、
今時この手の音楽ジャンルは、隅っこのほうに申し訳程度に
置いてあるだけで、見つけるのが難しかったそうです。

東京ロマンチカもかろうじて、これが1枚置いてあったそうで、
時代の流れとはいえ、寂しいかぎりです(泣)



本日は長々と書きましたが、三條さんは、
9月26日まで、舞台に立ち、歌声をファンへ届けていたそうです。


ヤフージャパンで紹介されてた夕刊フジの記事の、
鶴岡さんのコメント

「彼の声は誰にも真似できない特別な声だった。
それが失われたことは大きな痛手だ」


日本の歌謡界の至宝が また1人失われ、まことに残念です。

三條正人さんのご冥福を、心よりお祈りいたします。


これからも東京ロマンチカを愛し、聴き続けます♪
そして、今回の記事がきっかけで、
興味を持たれる方が出て、
昭和ムード歌謡の良さを再認識してもらえたら嬉しいです。

イメージ 4
イメージ 5
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

その訃報にも気づきませんでした。ご冥福をお祈りします。

私は、昭和ムード歌謡では、内山田洋とクールファイブの、特に、ボーカルの人が好きでしたけど。

No title

あ、お忙しいでしょうから、リコメは、良いですよ。

No title

> yan_yanさん

ダンナが週末からインフルエンザにかかってるので、まだ発症してない今のうちに溜まってる返信コメントを家事の合間に書いていきますね。お忙しい中たくさん頂いたのに、こちらの都合で滞っててすみません。

クールファイブも歌唱力・コーラスはもちろん、楽曲がとても魅力で素敵だと思います。同じムード歌謡でもロマンチカとは全然違う曲ですし、他のグループもみんなそれぞれ個性があふれてますよね。

ムード歌謡コーラスグループではないですけど、最近は美川憲一さんの歌声に改めて惚れ込んでます❤

昭和の歌謡曲や演歌は両親が好きだったので、子供のころから聴き親しんでましたが、40を目前にして演歌の良さがしみじみとわかるようになってきました。

No title

そう言えば、日本では「神」と呼ばれてあがめられているドイツのマイケル・シェンカーは、何故か、アメリカで全然、人気がなくて、無名に近い存在なんですよ。MSG も。私は、彼は良い曲を何曲も作っていると思うんですけどね。

もっとも、アメリカって、ロック、ポップスについては保守的で、今世紀に入ってからの情報ですが、ロックの本場はイギリスなのに、アメリカの CD 屋には、アメリカのロックの CD ばかり置いてあって、イギリスのロックの CD は全然無かったそうです。

ストーンズは置いてあるか?って訊くの忘れましたけど。

今は、アマゾンで買うのが普通で、アメリカの街の CD 屋さんは絶滅状態だと思いますけどね。

No title

> yan_yanさん

え~っスコーピオンズ自体もそんなに人気がないのでしょうか?
高校生の頃ギター雑誌やロック雑誌に載ってて、フライングVを持つ写真にシビれました。

30代後半以上のロックギターをたしなむアメリカ人ならみんな知ってるギタリストだとは思うんですけど、国が違うと人気も扱いも違うのは興味深いですね。

ストーンズやビートルズ、ディープパープルやツェッペリンはさすがに置いてあるんじゃないですかね?
私が2000年にロサンゼルスへ行ったとき、CD屋さんでヨーロッパのアルバム Final Countdownを買ってきましたよ、アメリカで(;´༎ຶД༎ຶ`)
ヨーロッパがあるぐらいなので、ストーンズもきっと置いてあると思います

昔はどの町にも小さなレコード屋さん(CD屋さん)がありましたけど、ほとんど見かけなくなりましたよね。私が90年後半~2000年前半に行きつけだった店は、珍しくHR/HMに力を入れた店で、バンドスタジオまで併設して、ロック愛好者には嬉しいお店でした。
お店の主人とのメタル談義と入荷の注文が楽しかったです。

No title

> ぶんすけさん
確か、パープルやツェッペリンでさえ置いてないと言っていた人が居たはず。もっとも、この二つは解散していますけどね。

そう。ヨーロッパは、保守的なアメリカでも売れたから、本当に凄いバンドなんですよ。しかも、スウェーデンは社会主義国で、ヨーロッパが世界進出した頃は、西側はみな「もしも、東西陣営が戦争を始めたら、スウェーデンはソ連側につくだろう」と思っていたそうだけど、これも確か、ヤフージャパン・ニュースで読んだはずですが、スウェーデンが、今世紀になってから、80年代に秘密にしていた文書を公開し、国会で「東西が戦争になったら、西側につく」と決めていたそうです。

ヤフージャパン・ニュースは良いですよ。侮れないですよ。

スコーピオンズ自体、実は、日本人が思っている程世界的にビッグなバンドじゃないんですよ。残念ですが。

ヨーロッパの一部の国と、旧ソ連では熱烈に人気がありますが。
プロフィール

ぶんすけ

Author:ぶんすけ
ドリフは長介、工事派です

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR