エジプト旅行その2  あぁ無情!離陸前に飛行機から下ろされた一家

エジプト旅行 その2
紅海沿岸 Hurghada フルガダの地で 
下痢・嘔吐に苦しみ、 点滴を打ってきた ぶんすけ
イメージ 1
ブログ書く前に 晩飯の食器を 洗うべきだよな?

前回までの くわしい いきさつは
エジプト旅行 その1  ピラミッド?見てねーよタコ! 
を お読みください





7月27日~30日の 3泊4日、
エジプトは 紅海沿岸の ダイビングリゾート地 
フルガダへ 行ってきました


南ドイツ ミュンヘン空港 出発からして
波乱に満ちた 今回の旅

イメージ 2
ドイツ Condor コンドル航空で 出発
だいぶ前の デザインの模型だけど・・・


現在は 垂直尾翼が グレーで、 黄色いハートマークが施されてます
イメージ 3
エジプト フルガタ空港にて 撮影
左は エアー ベルリン、 右が コンドル機



7月27日 ミュンヘン空港発
エジプト フルガタ空港行き コンドル10××便
おかげさまで 満席!
イメージ 4
こうやって見ると 一見なごやかな雰囲気の 機内に見えますが・・・



イメージ 5
こんな狭めぇ エコノミークラスは
乗ったことねぇッ!





前のヤツが シート倒してきたら
たまったもんじゃねぇぜッ!

イメージ 6
ぶんすけ
「見ろ この鳩胸! 無理だろがッ!
どーしても 倒したけりゃ 
30分につき 50ユーロ払いなッ! (╬⓪⓪)」

ヤギ
「この日本人女、 感じワルぅぅーッ! Σ(;゚;益;゚; ) 」




さぁて、 荷物も乗客も すべて機内に乗り込み、
まもなく 滑走路へ発進! というときに・・・

2、3列後方の座席から オッサンが突如SOS!
スチュワーデスさぁぁ~ん!
すんませーん!

イメージ 7
14才くらいの お嬢さん 大パニック!



イメージ 8


イメージ 9
貨物室を開き、 家族4人分の スーツケースを見つけるまで 30分・・・


コンドル機が なかなか出発しないもんだから、
後続の飛行機まで  どんどん遅延するいっぽう・・・
各航空会社も 遅延料の発生は なるべく避けたいようです



大変に気の毒でしたが、 この一家をおろし
コンドル機は 定刻より 30分以上遅れて
エジプトへと 飛び立ったのである・・・(マジで実話)
イメージ 10
おろされ一家
「それ 全日空だし! (╬⓪⓪)」




いや だって コンドル機の模型、 小さいもん・・・
↓↓↓↓↓↓
イメージ 11
クマと リスから 白クマは 生まれねーだろ
という ツッコミは いっさい 受付けねぇッ! ლ(;; ิ益 ิ;‘ლ)



ちなみに この全日空 ボーイング747‐400型
イメージ 12
10年前に 航空マニアのダンナへ プレゼントした プラモデルですが
いまだに 組み立てねーでやんの! (╬⓪⓪)


イメージ 13
飛行機大好き 全日空大好き ドイツ人ダンナが 喜ぶだろうと
博多の ヨドバシカメラで 買ってきてやったのに・・・
こうなったら 自分で作る!




離陸後 約1時間半、 
お楽しみの 機内食サービスの時間が やってまいりました

イメージ 14



オレぁ てっきり サンドイッチでも 出ると見こんで
コーヒー 一杯だけ飲んで 
ミュンヘン空港へ やってきたのだが・・・
イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17
戦後の配給でも もう少しマシだろ?
3ミリほどの 極薄ワッフル
薄さを追求するのは コン○ームだけにしろ!

ホント、 下品なブログで すんませーん  r(≧ω≦*)スマンスマン


イメージ 18
お水、 紅茶、 コーヒーは 無料
その他 ソフトドリンク、 お酒類は 有料



なんてこった・・・
これじゃ あと3時間 もたねーよ
イメージ 19
いいから ケチらず 6.50ユーロ出して 機内食 買え!

■ ドイツ名物 Curry wurst カリー ヴルスト 
焼きソーセージの カレー粉 ケチャップがけ

■ アジア風 鶏料理 ごはんつき

■ スパゲティ ボロネーゼ 

他にもいろいろ 揃えてたようですが、
この手の航空会社にしては 6~7ユーロ前後と 良心的な値段
しかし 腹減ってたけど 買わなかったべ


フルガダ空港と なーんもない周辺のようす
ドイツへ帰る日の、 夕方の写真ですが、
フルガダ到着も 夕方 5時ごろでした

遠くに ホテルや町が見えます
40度超えの乾燥灼熱気候でしたが、 海からの風がそよいで
以外にも 暑苦しさはなかったです


空港施設 入り口ゲートの上には、 土嚢が積み上げられ、 
銃を持った門番が 待機し、
空港に進入する車両を 検問

町中にも カラシニコフ銃を携えた 警官や警備員が ところどころにおり、
テロ対策・厳重警戒中!


下痢・嘔吐のせいで フルガダの町へ 繰り出せず、
写真がないのが 残念ですが・・・


まわりの 鋭く尖った岩山と 荒涼とした砂礫地形が 
まるで 映画スターウォーズや 火星の風景のようで
地球上に こんなとこがあったのかと 感動



フルガタ空港のトイレで ちょっと とまどった・・・
左に備え付けてある シャワーの用途は いったい何なのか?
やっぱり アレですかね?
おケツを 洗浄するんですかね? ( :; ´^;ิ益;^ิ;.)



というわけで  エジプト旅行 その3で
ホテルのようす、 土産物屋のしつこい兄貴の話、 
フルガタ空港における 
ぼったくり 入国ビザ& テキトー安全対策話を書いて
締めくくりたいと思います

イメージ 20
イメージ 21





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

トイレのシャワーはもしや、、、モスリム用かも!?イスラム教徒の友人の家のトイレは必ずいつもジョウロが置いてあるんですよ。なんかトイレットペーパーだけじゃダメで必ず水で洗わないといけないらしいっす。つーか、アッ◯ーさんがそうしろって言ったのかもしれないけど、コーランが書かれた当時にトイレットペーパーがなかっただけなんじゃないかって気も。。。(汗汗)

No title

> sissiさん

単純に ウォシュレットの代用の エジプト版おしり洗浄だと思ってましたが、イスラム教の戒律が関わってきてるとは・・・これは思いつかなかったです Σ(゚Д゚ノ)ノ
お友達の方も、自宅とはいえ 忠実に戒律を守ってらっしゃるんですね 脱帽です・・・

紙がある現代だから、少しくらい戒律を現代向けに解釈してもよさそうなものですが、厳しいですね~
つくづく変な慣習のない日本人に生まれてよかったな~と思います (;^ω^A

空港のトイレですが、さいわいにも ちゃんとトイレットペーパーが置いてあり、洗面台も欧米並みの設備でした
でも、女性の就業率が低いのか、ホテルも 空港も、 トイレ掃除におじさんの清掃員がいきなり入ってきて これまたビックリでした
プロフィール

ぶんすけ

Author:ぶんすけ
ドリフは長介、工事派です

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR